MESSAGE

メッセージ

何かを変えたいなら、
行動するしかない!

代表税理士孫﨑 健次

私たちはそう考えます。孫崎は特にそう考えます(笑)
今の自分・今の会社を変えたいと思うなら、100の思考より1の行動です。私たちはその1の行動をおこすあなたに1000%のエネルギーを注ぎ込むことを使命としています。

よっしゃ!行動しちゃる!っとなる前に少しだけ時間は必要です(笑)
何も考えないドン・キホーテのように猪突猛進してしまったら(自分では行動しているつもりであっても)会社はつぶれます。
10社起業して生き残るのは1社とはよく言われているじゃないですか。これは本当です、つぶれまでしなくても稼げなくなっていれば一緒ですよね。
私たちはあなたに生き残る1社になって欲しくて、あなたに充実した社長人生を送って欲しくて、活動しています。

経営を「動き」の面で見てみる。
ここではスポーツに例えてみる。ここで言うスポーツは対人スポーツのこと。
対人スポーツで、自分が攻めのみ、あるいは守りのみをしていてゲームに勝てる?攻め力が相手の10倍あればゲームに勝てちゃうかもしれないけど、普通はそんなことはない。攻めも守りも同時進行していくよね。またゲーム中でも相手はあなたの弱点を徹底的に攻めてくるよね?

じゃ経営はってなると、やっぱり一緒。スポーツであれば相手は一人だろうけど経営は無数(笑)。あなたの会社の弱点を攻めてくるし、あるいは長所を知らない間にパクッて何気ない顔して営業している。それを卑怯と言ってもしょうがない。つまり攻めと守りをバランスよく考えないと、あなたの会社は10社中の9社になってしまう。

また経営を「やるべき機能」の面で見てみる。
大きく分けて3つやるべき(やっちゃう?)機能がある。

  1. 「これ面白いんじゃない!誰もやってないかも。よしやってやろう!やってみなきゃ結果なんて分からんでしょう!」っていうイケイケドンドンの機能
  2. 「商品・サービスをお客さんに提供するのに、より良いモノ作り込んでいかなきゃ!」っていう技術者の機能
  3. 「スタッフがちゃんとチームとして成り立っているかマネージしていかないと!」っていう管理者の機能

これらの機能をバランスよく働かせないとコケちゃう、コケてかすり傷ぐらいならいいけど時には大けがにつながることもある。その大けがしたときもどこが悪かったのか分からないっていう社長さんもいる。
会社も人も生き物だから、バランスよくトレーニングしていかないと全体として成長できない。
何かを変えたい、自分を変えたい、人生を変えたい!
それはできます。
しかしそれは上で書いたように、バランスよくトレーニングしていかないといけない。会社も人生も100m走じゃない、長~く続けていってどうにかなるもの。あえていうとマラソンの連続だろう。これはこれでキツイけどね。

でもこのことは皆さん知っているはず。ほっておいて上手くなるなんてことはどこにもないとを。子供の時であれば文系科目だろうと理系科目だろうと、またクラブ活動でも練習なしで大会とか出ても上に行くはずがないってことを知っているはず。知っているはずなんだけど、会社作ったらついつい自分が得意なことだけやっちゃう、苦手なことは人を配置してやっとけよ!って言って終わっちゃう。そんな事ないですか?

会社だけが別モノなんてことはあり得ない。皆さんもちろん分かっているけどついつい後回しになっちゃってるんじゃないかな?

人の筋力は普通にしても70歳ころを迎えるときには20歳のころに比べて約50%に落ちちゃう。肺活量も同じように落ちていく。

会社の金力もほっておけば100%落ちていく、人間の筋力同様落ちていく原因は様々だと思うけどやっぱり落ちていく。だから健康体でいるには地道に地道にトレーニングしていくしかない。イチローの日々のルーティンのように。
でもあなた一人ではそのトレーニングが続けることができない場合も多いと思う。だから私たちがいる。トレーニングで対処できると確信している。

何かを変えたい、自分を変えたい、人生を変えたい!
という方は私たちと一緒にやっていきませんか?目標に向かって!